転職活動の求人サイト

転職求人と最近のルール

トップ / 転職求人と最近のルール

求人で転職回数の多い人は避けるべきか

求人活動をしていると、応募者の中に何回も転職している人も見かけます。少し前の採用活動側の見解では、転職回数は3回までなどという不文律があり、特に大手企業では履歴書提出の段階ではじかれる運命にありました。では、転職回数の多い人は嫌った方がいいのでしょうか。そうではありません。確かに転職を繰り返す人の中には、忍耐心が欠けているとか、人との関係で難があるという人も見かけることは見かけます。でも、中にはきちんとした理由で転職回数が多い人もいるのです。ですから、門前払いをしないで、求人する側は理由を確認するのがいい

営業職への転職するときの注意点

営業職へ転職するときには、前職の経験や実績も大事なアピールポイントとなりますが、面接での態度かなり合否に影響します。面接は、ある意味自分という商品を売り込む場でもあるため、その面接での態度がそのまま実際の営業でのその人の実力も推し量れるからです。営業職の面接で気をつけることとしては、面接官を顧客相手と接するときと同じように相手の意図や考えをある程度把握して、受け答えをするのが大切です。特に面接官の質問に対して、リアクションが薄い人は、あまり印象がよくないです。

求人とお給料情報

© 短期の求人を見つけるコツ. All rights reserved.